同僚の子供の名前候補がどれもDQNネーム揃いで…



143: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/06 23:21:23 ID:TbskREBz

去年の話。
会社の同僚の奥さんがおめでたとなり、
浮かれまくった同僚が生まれる前から名前候補をいくつも挙げて
皆にどれがいいかとかこれはどうだとか言って回ってた。
しかし出して来る名前がまぁ見事なくらいのDQNネーム揃い。
魅愛羽(みあは)とか愛夢音(らむね、愛はラブと読むらしい)とか。
聞いてると奥さんの方はもっと普通の名前が良いらしく、
生まれる月の誕生花を入れるとか、お互いの名前を一文字ずつとかそういう意見らしい。
しかし自分の子供フィーバーな同僚は聞く耳持たず、暴走もいいところ。
そんな同僚の目を覚まさせたのは新人の一言。

「なんかどれもこれも戒名みたいですね」

言われた瞬間の同僚の顔の変化は忘れられない。
満面の笑みだったのが固まって、暫くしてゆっくりと真顔、そして絶望。
そこから子供については一言も口にしなくなり、先日初めて生まれた事を皆に報告した。
名前は奥さんから一文字とったらしいそこそこ普通の名前だった。
当の新人は自分が言った事も忘れた感じで普通におめでとうございます!と喜んでた。


[ 2017/01/14 08:01 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(5)

見ず知らずのチャラ男に助けて貰ったんだが、そのチャラ男のむかしいじめられていて…



231: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/12 10:30:56 ID:z/OlEn9k

スーッとすると言うかチャラ男に助けて貰った話。

俺はいじめられっこで中学卒業してからしっかりしなきゃと勉強に部活にアルバイトを真面目に取り組んだ。
人と積極的に接するようになったら友達も出来て、俺の中学時代の出来事もきにすんなと言って接してくれる。
社会人になってから彼女も出来た。

そんな彼女とデートの帰り、駅前で電車を待っていると隣に怖そうな金髪ピアスのDQNチャラ男がタバコ吸って電車をまってる。
内心(怖えぇ…関わりたくねー)と距離を置いていた。
しばらくすると反対側の階段から3人グループの男が降りてきた。
と思ってたら中学の頃俺をいじめてたグループの奴だった

DQN1「あれ?ひょっとして俺じゃね?」
DQN2「何やってんのこんな所で?www」
DQN3「その子彼女?w嘘だろwwwありえねw」

と俺を中学の頃のように囲んでからかって来た。うっせーなあっち言ってろよと言おうとしたいじめっ子の一人が
悪ふざけで俺の彼女に抱きついた。

怯えて半泣きで俺の後ろに隠れる彼女。ぎゃはははと笑うDQN。俺も完全にぶち切れ胸倉を掴みそうになったその時

チャラ男「あのさぁ…その二人俺の友達なんだけど何なめた真似してくれてんの?ww」

と隣に居た金髪のチャラ男がいじめっ子グループに絡み始めた。
チャラ男の容姿に一気に青ざめるいじめっこ集団



[ 2017/01/13 22:01 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(11)

カツアゲにあったので空手仕込みのローキックを放つと、DQNたちは道場に入門してきたwww



154: おさかなくわえた名無しさん 2011/08/17(水) 10:30:57.54 ID:7WzrXp42

あれはちょうど10年前のことなんですが、当時高校三年生だった私は他校の四人組のDQNに
カツアゲに会いました。
以下、連中をA、B,C,Dと呼称を振り分けます。
私は稽古が厳しいことで有名な空手道場に6年通っていたのですが、ケンカをしたことはありませんでした。
だから、DQNに囲まれたときもすっかりビビってしまい
「ぼ、ぼ、ぼ、僕は空手やってるんだぞ。強いんだぞ」と叫んだら、声が裏返ってしまいました。

そしたら、DQNどもは大爆笑しました。
A「そうか、そうか、空手やってんだ。すごいね~」
明らかに信じてない口調で言います。
A「ローキックってあんだろ? あんなんでホントに人が倒れるわけ?」
私「モロに入れば」
A「じゃあ、さ、オレにローキックしてみろよ。それでオレが倒れたら、許してやるよ」
他の三人もニヤニヤしながら、馬鹿にしたようにこっちを見ています。
私「じゃあ、蹴るから、前の足のほうに体重かけてください」
A「こうか?」
私「そうです。じゃ、蹴ります」

そこで、私は思いっきりローキックを放ちました。
Aは「はおうわ!」みたいな声を出して、そこに倒れました。

すると、Bが「テメェ、何しやがった」と叫びました。
いや、何しやがったって、ローキックですよ? Aがしろって言ったからしたんですよ? あなたも聞いてたでしょ?
と、言おうと思ったら、Bが殴りかかってきました。
それが、ものすごいオーバーアクションで振りかぶってきて、まるで野球のピッチングのようでした。
殴られるの嫌だったので、Bの腹に前蹴りを入れました。
ダメージを与える蹴りというよりは、相手を吹き飛ばして、距離をとるための蹴りです。
ところが、その蹴りでBがガックリと膝をつき、食べたものを吐き出しました。


[ 2017/01/13 08:01 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(27)

うちの町のフットサル広場に、よそ者の連中が占領していて、そいつらだけでフットサルをしていた。 「俺たちに勝ったら、ここを退いてやるよ」



715: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/30(木) 19:45:44 ID:nh+OIRwS

うちの町のフットサル広場に、よそ者の連中が占領していて
そいつらだけでフットサルをしていた。
うちの町の町内フットサル倶楽部の人や近くの中高生も
フットサル広場に入ろうにも怖くて入れない。
そいつらは元有名高校サッカー部員や元プロ選手の集まりらしかった。
そいつらは「俺たちに勝ったら、ここを退いてやるよ」と言って
フットサル広場で好き勝手に遊んでいた。
困った町内フットサル倶楽部の会長が「あいつらを呼ぼう」と提案して
そこで地元で有名な俺たち5人(幼馴染のサッカー仲間)が呼ばれた。
そして、よそ者連中と俺たち5人のフットサルの試合が始まった。
個人技では、よそ者連中の方が上だったが、連携プレーや組織としての動きでは
俺たち5人の方が圧倒的に上だった。
よそ者連中は俺たちの動きについていけずに驚いていた。
「こいつらすげえ!」「こいつらには勝てねえ!」
そう言って、試合途中にそそくさと逃げてしまった。
こうして、フットサル広場を取り戻した。
俺たちはいつも5人でひとつだった。
地元じゃ負け知らず。


[ 2017/01/11 16:01 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(18)

料理の作り直しをさせたいのか、タダにさせたいのか、慰謝料を貰いたいのか さっぱりわからないけど吐く演技をする男…



609: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/29 14:42:43 ID:55zwSbCk

自分じゃなく店員さんの話 
昔ファミレスで食事をしていたら、食事中にも関わらず近くのカップルの席から 
「うぉぉぉぉおええぇぇぇ」と吐く真似をする男が
彼女はいきなりどうしたのかと心配しているが
男「大丈夫、うぉぉぉぉぉおおえぇぇぇぇ」
女「何?どうしたの?」
男「この飯まじでしょっぱくて食えねぇ・・・人間が食うもんじゃねぇよ」
女「(男の料理を一口食べて)・・・そう?普通じゃない?」
男「おぉぉぉえええぇぇぇ、マジ無理
  こんなの出すなんてマジありえねぇんだけど
  うぉおおおおえぇぇぇええ」
女「・・・・大丈夫?」

この時点で本当に気持ち悪くてじゃなくてわざとらしいって周りも気がついてた
そして、食事中だったのでこっちの方が大変気分悪い

店員「お客様どうされました?」
男「まじこの料理で俺気持ち悪くなったんですけどー?
  どうしてくれんの?うぉぉぉおおおえぇぇぇぇええ」
店員「大変申し訳ございません」
男「だから、まじでどうしてくれんの?
  うぉおおおおええぇぇぇええ」
女「ちょっと・・・やめようよ・・・」
男「うぉぉぉぉおえぇぇぇぇぇ、マジ無理」
店員「胃薬お出ししましょうか?」
男「塩かけすぎてマジで気持ち悪いんだけど?
  俺を殺す気??うぉぉぉぉおえぇぇぇ」
店員「お薬を・・・」
男「だーーかーーーらーー気持ちうぉえぇぇぇぇぇ」


[ 2017/01/10 12:01 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(11)

「ねぇねぇ、○○○○って知ってる?」



375: おさかなくわえた名無しさん 05/01/31 18:49:04 ID:mBhlH/9y

では、私が小学三年生の時の思い出を・・・。

私・妹・幼馴染の女三人、近所の公園で遊んでいました。
代わる代わるターザンロープを大股開いて遊んでいたのですが、
それをニヤケ顔して見ている男子中学生2人組。
なんとなく視線に気付いていたんだけどねぇ・・・。
で、五時の鐘(田舎なもんで)が鳴ったので、「帰ろっか」ってことになり
三人でトボトボ歩いてると、さっきの厨房ニヤケながら話しかけてきた。
「ねぇねぇ、せっ○すって知ってる?」
その当時の私は知るはずもない。「知らない」と答えると
「じゃぁ、君が一番大きいからこっち来てくれる?」と・・・。
もちろん断ったさぁ。
でもそのエロ厨房、こっちが小学生だと見てどーにか言いくるめようとすんだよね。
「中学校入ったら教わるんだよぉ」とか言って。
私としては、『こいつらヤバイ』と察していたから絶対負けるもんかと思ってた。
「今教えてもらわなくても中学校入ったら教わるんだからいい」と突っぱねた。
とにかく、この場から一刻も早く離れないとマズイ!
ってな訳で妹と幼馴染の手をグっとひっぱり、早足で離れた。
公園の出口までの距離が、あの時ほど長く感じた事はなかったねぇ・・・。
そいつら家まで尾行してきたんだけどね。
何かされた訳でもないのに、怖さで体の震えが暫く止まらなかったよ。

その日母親に 「せっ○すって何?」 と聞いた私も私だけど、
母親の Σ(゚д゚) エッ!? って顔が今でも忘れられません。
 
長文失礼いたしやした。


[ 2016/12/25 12:02 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(15)
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)