GJならぬGS( Good study )ですwww



540: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/27 16:26:00 ID:2tZ/3yWA

武勇伝とは言えない恥さらしですが、勉強が嫌いで自宅学習をしたことがなく偏差値50程度の高校に通ってた自分。
コミュ障ぼっちでに学校のある日以外は自宅に引きこもってた。(現在でも精神年齢は幼稚)
化学の試験で2点をとったこともあり、たぶん誰からも相手にされていなかったです。

しかし、受験を来年に迎えた3年の夏休み。将来の夢も何もなかったが、このままでは社会の荒波に放り出されると危惧した自分は
追い詰められた鼠のごとく本能的な逃避として、必死に地元の国立大学を目指しました。(私立は家計的に無理)

とりあえず理系コースでしたが、化学と数学が苦手で赤点を取ったことがあるのは前述のとおりです。
しかしそれぞれの教科の先生が秋に配ったおさらいプリント(高1レベルからの本当に簡単で今考えるとおちょくってるレベル)を1から始めた自分は
公文式のように自主的にもらいにいくペースがどんどん早くなり、わずか2ヶ月で(とりあえず2年間の範囲を)終えてしまって
化学に関してはイオンの仕組みの段階でつまづいていたのが、なんでわからなかったのだろうと思うくらい簡単で得意になってしまいました。

年末の最後の模試の結果がクラスの後ろに張り出され、いきなり数学、生物、国語、地理、化学の分野でベスト5位以内に食い込んだ自分。
クラスの人たちが話しかけてくれて、取り柄がなくても勉強だけは真面目にしておけばリア充?(話しかけてもらえる人)になれたんだなぁと青春を後悔。
センターではなんとか673点を取れて、地元の駅弁に潜り込んで好きな化学の分野を学んでます。ちなみに英語は48点/200でした。
出身高校を聞かれるたびに自慢?してします。高卒ニートなら自分はどうなっていたのかをたまに考えます。
スレ汚し失礼しました。



542: 蠍 ◆C8utSR9LI6 2013/01/27 16:48:52 ID:2t/OW+/v

>>540
俺が中学から高校に上がる時に似ている
でも、高校と大学じゃ受験勉強もレベルが全然違うよね
賢いんだろうからこれからも頑張って勉強して下さい
GJならぬGS( Good study )ですw


545: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/27 18:21:15 ID:4FmBVcFe

>>540 高卒ニートの未来を、一生懸命に勉強して軌道修正した武勇伝だ!
おめでとう、幸運な未来を祈ります!!


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2013/07/15 16:01 ] ◆暮らし 学校 | TB(-) | CM(7)

  1.  

  2. 偏差値低すぎる高校からいくと、合格した生徒の名前が額縁に入れられて
    校長先生とかと一緒に並べられるんだよなwきっとそうなってるよ
    [ 2013/07/15 17:06 ] [ 編集 ]
  3.  

  4. 英語48で総合673って他のが90、180以上とかじゃなきゃ多分無理なんだが…
    どんだけ高いねん
    [ 2013/07/15 19:32 ] [ 編集 ]
  5.  

  6. >>GJ ならぬGS(good study )ですw

    いやいやいやGJ だろ。

    GJ は、「良い仕事」は直訳で、
    「よくやった」「よくできたね」という意味の慣用句だから。
    Good study って教科書英語まんまやん。

    ということで投稿者GJ !
    [ 2013/07/17 20:06 ] [ 編集 ]
  7.  傘 楽天

  8. ペリカン 万年筆
    [ 2013/08/17 10:48 ] [ 編集 ]
  9.  ブレスレット レザー

  10. chan luu 店舗
    ブレスレット レザー http://www.manialounge.com/chan-luuチャンルー-zp8h9ev-1.html/
    [ 2013/10/23 19:22 ] [ 編集 ]
  11.  レディース ジャケット

  12. ブランド通販サイト
    [ 2013/11/16 11:12 ] [ 編集 ]
  13.     

  14. 必死に精神を集中してがんばったんだねえ。中国のことわざに、
    『精誠至るところ、金石も為(ため)に開く(至誠をもってぶつかれば、金石のような堅いものも感動して割れるものだ)』というのがある。

     漢の時代の名将李広がかつて狩りに出かけていたところ、草原の中に潜んでいる虎を見つけたので、これに射かけた。近づいて見ると、それは虎ではなく虎の形に似た岩であった。矢は岩に深く刺さり、矢羽根は中に没入していた。他日、この岩を射たが、何回射ても、どうしても射込むことはできなかったという故事から。

    [ 2015/04/30 11:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)