若いサラリーマンvsDQN兄ちゃん



47: 1/2 03/11/29 23:24 ID:6tfERNWu

数年前の話。
当時ど田舎の大学に通っていたため、
一時限から講義がある時は通勤ラッシュの
満員電車に乗らなくてはならなかった。
ある時、指一本動かすのも困難な状況の中、
私の後頭部あたりで甲高い男の声が聞こえた。

「んだテメェぶっ殺すぞゴルァ」

振り向けないので確認できないが、明らかにケンカだ。
ふっかけられた相手も売られたソレをズバリ買ってしまった様子。
鮨詰の社内で聞き苦しい罵詈雑言の応酬が始まる。
お前らなに考えてんだ空気読めよ、でもこんな状態で
よくケンカできるよなァとある意味感心しつつ、
終点に着くまでの十数分をじっと耐える。
多分周囲の乗客も同じ緊張感を味わっていただろう。

ようやく電車が終点に到着。
開くドア、ホームにあふれ出す乗客の波。
私も押し出されるように電車を降り、
ふと気になって振り返ってみると、

既にリアルファイトのゴングは鳴らされていた。




48: 2/2 03/11/29 23:25 ID:6tfERNWu

若いサラリーマンvsDQN兄ちゃん。
掴み合いとかでなく、「ドラえもん」などで良く見るような
「ボカスカボカスカ」という類のケンカ。
見れば止めようとした人が巻き込まれて肘鉄などを食らっている様子。
うわやべえ駅員呼ばなきゃ、でもホームは殺人的に混み合っていて
駅員の姿すら探せない。

その時、電車の奥からでっかい兄貴が現れた。
兄貴はケンカする2人の襟首をそれぞれ片手でつかみ上げ、ベリベリと引き離し、
猫の子でも扱うようにそのままズルズルと引き摺っていってしまった。
リーマンもDQNも、顔面血まみれのまま抵抗するのも忘れて( ゚Д゚)ポカーン
見守るギャラリーも、漫画のような展開に( ゚Д゚)ポカーン

ただそれだけなのだが、私は初めて生でヒーローを見たような衝撃を味わい、
今日まで忘れることができないでいる。
お目汚しスマソ。


52: おさかなくわえた名無しさん 03/11/29 23:30 ID:GZ5swh5W

>>48 兄ちゃんgj


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2012/10/28 10:17 ] ◆暮らし 電車 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)