当たり前のように語る帰り道、俺は彼女にまた惚れた。



272: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/15 04:00:39 ID:LfO1EYog

彼女を駅の改札前で待ってたときの話。
知的障害者風なオッサンがアゥーアゥーって騒ぎながら改札に入っていった。
周りもなんとなく関わらないように気を使ってる感じだった。
俺はオッサンから目を離せなくなり思わず観察してしまった。
オッサンは到着した電車から降りてきたばかりの杖をついた老婆に目をつけた。
老婆にアゥーアゥー状態で杖を取り上げて跳びはねる。周りも騒然となったその時、

「ちょっとゴルァ!アンタ何やってんのっ!!」
一瞬にして静まりかえるオッサン
喧騒を切り裂く怒鳴り声の主はまさかの俺の彼女w
彼女は大人しくなったオッサンからすっと杖を奪い、老婆に渡したあと
優しい笑顔でオッサンに何か話しかけている。
振り向いて老婆にも何か話しかけている。

そして何事も無かったかのように改札に向かってきて俺を見つけると

「やだぁ~見てたの?テヘ」と
テヘじゃねーよとw
曰く、障害者なのはすぐ分かったけど、あれを見過ごせば
彼はまたどっかで同じ事を繰り返すだろうと思ったと。
なによりも老婆が可哀相で考えるより先に怒鳴っちゃったと。
当たり前のように語る帰り道、俺は彼女にまた惚れた。



274: 272 2009/04/15 04:09:09 ID:LfO1EYog

続き‥

俺ときたら↑の一部始終を見ながらホントは
「お、いけぬまワロスワロスwww」状態だったくせに
「いや、俺もちょうど助けに行こーと思ってたんだけど定期がなくてゴニョゴニョ‥」
なんて言ってみた。

我ながら情けない


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2017/01/09 12:01 ] ◆人々 カップル | TB(-) | CM(2)

  1.  

  2. 何でこんなのを放し飼いにするのか
    [ 2013/11/09 20:08 ] [ 編集 ]
  3.  

  4. 助けたいし、池沼を取り押さえて怪我でもさせたらこちらが悪者だし、と葛藤で棒立ちになる自分が想像できる…。
    [ 2013/11/09 22:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)