可哀想というのは自分の方が幸せだから言える優越感だと小さい頃から親に言われていた



927: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/26 19:16:16 ID:MumNF2MJ

可哀想というのは自分の方が幸せだから言える優越感だと小さい頃から親に言われていた
だから家族が亡くなった人には向こうから何か言うまでこちらから話を振ってはいけないと
お父さんを難病で闘病の末に亡くした幼馴染みがいるが、お葬式の時、彼女は決して嘆いたりはしなかった
しかし周りは気の毒ね、元気出してねと励ますように言っていた
二人きりになった時、幼馴染みは「私は別に大丈夫だよ」と言った
「うん。分かってるけど、少しは心配させてくれ」
そう答えると途端にぼろぼろ泣き出した
私がしたのは時々、肩をポンポン叩くことだけだった

どう接するのがいいのかは人それぞれだから正解はないと思う
「かわいそうに」はよほど仲の悪い、ひどいことをされた相手が不幸のどん底にいた時にこそかけるべき言葉なのかもしれない



928: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/26 19:39:50 ID:s1CFS1y6

名前が「河合 総」な人はどうすりゃいいの?


929: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/26 19:46:27 ID:3DbAjVGb

>>928
笑わしてんじゃねーぞカス


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2013/12/31 16:01 ] ◆人々 | TB(-) | CM(1)

  1.  

  2. ブルーレットこと奥田圭君とコンビを組もう(提案)
    [ 2013/12/31 18:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)