近づく親父。退く酔っ払い。酔っ払い、自分で転ぶようにして車外へ…



胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(57)
177: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/20(月) 22:22:14 ID:1KxiKfyp

普段はほんとにどーしようもないロクデナシだった亡き父の、たった一つの武勇伝。

当時、自分ちは貧乏のどん底。父親の実家に帰省するのだって、
家に車なんてないから電車だよ。しかも鈍行。
昼間は混むからって理由で夜行だし。

ある年の夏休み、例年のごとく帰省した帰りの電車内。
ものすごい酔っ払いが、誰に絡む訳でもないけど叫んでたんだよ。
迷惑この上ない。叫んでるだけって言っても、尋常じゃない雰囲気だから、
車内はシーンとして、みんな怯えてるのが子供心にも分かった。

そしたらうちのロクデナシ親父が立ち上がって、
その酔っ払いにツカツカ近づいていったのよ。
「何するんだ!?」って思ったよ。
でも親父、何もしねえの。
ただ近寄っただけ。

酔っ払い、最初はあくぇsrdtygふjkだったけど、
ただ真顔で近づいてくるオッサンが気味悪かったのか、
段々後ずさりしだした。

近づく親父。退く酔っ払い。

酔っ払いがドアを背にした瞬間、ドアが開いた。
酔っ払い、自分で転ぶようにして車外へ。

少しの沈黙の後、ドアはそのまま閉まり、出発。

酔っ払いが降りた駅は、周辺人家もまばらなクソ田舎。
無人駅で、駅前にタクシーの待合所もないようなとこで、
その電車は最終だった。



180: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/20(月) 22:29:10 ID:Ds/oB5q8

>>177
GJ


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2014/03/05 18:01 ] ◆暮らし 電車 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)