彼女は玄関にあった細長い袋を取り上げ、そこからするすると日本刀を出しました。



胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!
398: その1 04/01/08 14:40 ID:tQ+YVI8/

知人の家におじゃましていた時、誰かがインターフォンならしました。

知人「ハイ?」「いえ…」「はあ」「いまちょっと手が離せませんので…」
と切ろうとしてましたが、急に形相が変わりました。
知人「ちょっとお待ちください」
で、私に「ゴメン、ちょっと一緒に来て」
ドアを開けて、彼女は丁寧な口調で
「すいません、いま、どなたとおっしゃいました?」
セールス「え、あの、2階のK山A太くんも興味を持っていただいたようで…」

 見たところ教材のセールスのようでした。
 以前、似たような奴に襲撃されたことがあるので心当たりがありました。
 同じマンションの○くんも×くんも…とかなんとか名前を挙げて勧誘するのです。

知「今日、ご訪問なさったんですか? で、A太くん本人が気に入ったと?」
セ「そーなんですよー」
知人、ここで声が変わりました。ものすごい低音で
 「A太くんは半年以上前から入院してますけど」
セ「え?あの?……」

(続きます)



399: その2 04/01/08 14:40 ID:tQ+YVI8/

彼女は玄関にあった細長い袋を取り上げ、そこからするすると日本刀を出しました。
知人さらに低音でゆっくりと、
 「ぜひ、その時の様子を聞かせてもらおうじゃないの」
セ「あの、あの、すいません、ちょっと私勘違いしてて」
知「あ?眠たいこと言ってんじゃないよ」
一歩踏み出しました。

セールスは「あの、失礼シます」(「シ」のところ声が裏返ってた)と
顔面蒼白になってヒール鳴らして走り去って行きました。

彼女は振り向いてニッコリ笑い、
絶句していた私に「逃げちゃったわねえ」と言いました。

彼女、実は「剣舞」を習っているとのことでした。刀は模擬刀で人は切れないとか。
あの口調はどこから…?と聞いたら「小説よ、小説」と。
普段は礼儀正しく、ほんわかとした奥さんなのでビックリしました。
どうして私に「一緒に来て」と言ったのかと尋ねたところ、
「ウケるかと思って」とのことでした。
A太くんは息子さんの仲良しで、名前を出されたとたんに怒りが沸いてきて、
懲らしめてやろうと思いついたそうです。
「こんなことしたのは初めてだけど、あんまり後味よくないわね」とおっしゃってました。

以前その手のセールスにしつこくされ、捨て科白を吐かれたことがあったので、
私は大変スーっとしました。



400: おさかなくわえた名無しさん 04/01/08 14:45 ID:dOorckZ6

ほんわかとした奥さん(*^ー゚)b グッジョブ!!


405: おさかなくわえた名無しさん 04/01/08 15:52 ID:HgieymOy

GJ!普通のセールスならともかく明らかに詐欺じゃねえか。よくやった。


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2016/10/13 08:01 ] ◆犯罪 勧誘・キャッチ | TB(-) | CM(3)

  1.  

  2. 小説って、もしかして森雅裕とかじゃ・・・?
    [ 2014/07/13 23:03 ] [ 編集 ]
  3.  

  4. ちょっとやり過ぎ
    [ 2014/07/14 21:40 ] [ 編集 ]
  5.  

  6. 干された某大物司会者がCMやってたとこの勧誘員もこんな感じだったな
    A君もB君もC君とこも入ってくれたんだからお宅も…って
    夜10時過ぎてもセールストークガンガンで帰らなかったとこに○8顔の爺さんが帰宅し、慌てて帰って行った
    [ 2014/07/18 22:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)